So-net無料ブログ作成
飲酒履歴(ワイン) ブログトップ

ブラッセリー ノート(仙台・青葉区国分町) [飲酒履歴(ワイン)]

仙台での2軒目は「ブラッセリー ノート(BRASSERIE NOTE)」、フレンチビストロの店である。共通の友人であるR.S.氏が好きな店だというので、どういうところかと入ってみることにした。

店に着いたのは19時半頃、店内はほぼ満席。あらかじめ電話で席があることは確認していたので、3人で空いている席に落ち着くことができた。 

・店の外観 

IMG_0167.jpg

スタッフのアドバイスを参考にして、ワインや料理をメニューから選択。 まず、食したものは以下のとおり。ハシゴ酒の途中なので控えめにした。

・山形県産べっぴん豚のパテ、べっぴん豚の自家製ボイルハム、他

IMG_0168.jpg

・キッシュロレーヌ 

IMG_0171.jpg

そして飲んだ酒は以下のとおり。最初のブロセッコはイタリア(ヴェネト州)のものだが、他はフランス産である。

  • トレヴィジオール / プロセッコ(泡)
  • ピュズラ・ボノーム / キュヴェノート ブラン 2010(白)(店限定のオリジナルワイン)
  • ドメーヌ・ラ・ボエム / ヴァン・ド・フランス ルージュ ラ・ボエム 2005(赤)
  • ドメーヌ・ラ・ボエム / ヴァン・ド・フランス ルージュ ルル 2010?(赤)
  • ピュズラ・ボノーム / キュヴェノート ルージュ 2010(赤)(店限定のオリジナルワイン)

酒や料理はもちろん美味しく、スタッフの応対も申し分ないものであったので、この店にもまた来ようと思う。そのときにはもう少し他の料理を味わってみたい。21時頃にはお勘定にしてもらって、次の店に。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

がぶ飲みワイン オーツキ食堂(吉祥寺) [飲酒履歴(ワイン)]

荻窪で飲もうと思っていたのだが、目的の店が休みだったので、吉祥寺に足を伸ばして「がぶ飲みワイン オーツキ食堂」へ。今年初訪問になる。

店に着いたのは18時20分頃、客が誰もおらず店主がひとりで仕込み中だった。早く来すぎたかと思ったが、大丈夫とのことでカウンターの一角に落ち着く。以後は壁の落書きを眺めつつ、ワインをいろいろと。 

IMG_9595.jpg

19時過ぎから客が入り始めるが、そのほとんどがカップルだった。それはともかく、ワインに合わせた料理は以下のとおり。ハラミステーキはボリュームがあって美味いし、スペ玉おこげご飯は締めに最適。

・ハラミステーキ、ポテトフライ付き 

IMG_9600.jpg

・チーズ(パルミジャーノ)

・牛すじ豆腐煮込み 

IMG_9609.jpg

・スペ玉おこげご飯 

IMG_9610.jpg

さて、飲んだ酒は以下のとおり。

  • CANTINE REGIE PROSECCO EXTRA DRY(カンティーネ・レジェ プロセッコ エクストラ・ドライ)(イタリア・ヴェネト)
  • ローズ 2013(山梨・四恩醸造株式会社)
  • LE COSTE DI CLEMENTINE BOUVERON ROSSO(レ・コステ・ディ・クレメンタイン・ボーヴェロン ロッソ)(イタリア・ラツィオ)
  • MORO MONTEPULCIANO D'ABRUZZO(モーロ モンテプルチャーノ・ダブルッツォ)(イタリア・アブルッツォ)
  • HOB NOB MERLOT 2011(ホブノブ メルロ 2011)(フランス)
  • MORO TREBBIANO D'ABRUZZO 2012(モーロ トレッビアーノ・ダブルッツォ 2012)(イタリア・アブルッツォ)
  • 農民ロッソ 2012 赤/ミディアムボディ(栃木・有限会社ココ・ファーム・ワイナリー)

ワインと肉を十分に堪能したところでお勘定にしてもらい、20時半頃には店を出た。27時までやっている店なので、次は遅い時間に行ってみようと思う。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

自宅 [飲酒履歴(ワイン)]

金曜日からの風邪が落ち着いてきたようなので、自宅で白ワイン。

冷蔵庫の中をしばし漁った後、「Sans Soufre 2012」(サン・スフル 2012)にした。おそらく武蔵関の「大塚屋」で昨年購入したものだと思うが、山形・有限会社タケダワイナリーの発泡性白ワインである。

王冠で封をしてあって、いざそれを開けてみると、泡が際限なく吹き出してきて止まらない…いい頃合いで幾分かをグラスに移して、ようやく味見を。山形県産デラウェア種を100%用いており、デラウェア由来のフレッシュな香りと酸味を強く感じる。また、きめ細やかな泡が口内を心地よく刺激してくれる。最初の乾杯用によいと思った一本。

ちなみに、今日は父の傘寿だった。健康を祈ってひとり乾杯。 

IMG_9424.jpgIMG_9425.jpg 


タグ:自宅
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

自宅 [飲酒履歴(ワイン)]

飲みに出る余裕がなかったので、自宅でワインを。

しばしの塾慮ののち、昨年11月にエノテカから購入した赤ワインにした。Nicolas Potel : Beaujolais Primeur Vieilles Vignes 2013(ニコラ・ポテル ボジョレー・プリムール・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013)である。

「プリムール」とはヌーヴォーと同じ「新酒」という意味であるが、フランス語では「1番」いう意味も併せ持つもので、「ワイン愛好者のための本格派」という造り手の思いやプライドを感じさせる。イチゴやバニラを思わせる甘い香り、ボジョレーらしいフレッシュ感とともにコクの深さも感じられる。通常のボジョレーの印象とは異なる本格派の味わいであった。非常に満足。

IMG_9111.jpgIMG_9112.jpg 


タグ:自宅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

角打ワイン 利三郎(押上) [飲酒履歴(ワイン)]

「ごでんや」を出た後は4人で東京スカイツリーを眺めながら歩き、押上駅近くにある「角打ワイン 利三郎」に。遠藤利三郎商店の3軒目になる店で、立ち飲みスタイルのワインバーである。

けっこう客が入っていたが、テーブルが空いていたのでそこに落ち着き、ワインを飲みながら以下のものを食す。ちなみに、この店ではフード・ドリンクが全品500円である。

・ルッコラと色々お野菜のサラダ 

IMG_9040.jpg

・ 山盛りフレンチフライ にんにくマヨネーズ

IMG_9041.jpg

・カレイのフライ 自家製タルタルソース 

IMG_9043.jpg

・ラムとスパイスのトマト煮込み 

IMG_9052.jpg

飲んだ酒は以下のとおり。

  • 利三郎のブランデーハイボール
  • 赤ワイン サンジョベーゼ(イタリア/ウンブリア州・スポルトレッティ)
  • 赤ワイン ピノ・ノワール(アメリカ/カリフォルニア州・デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ)

一時間ほど歓談したところでお開きになり、自分は同じ中央線組であるM.T.氏とともに帰途についたのだった。この店はカジュアルな使い方のできるワインバーのようで店内の活気溢れる雰囲気も悪くないので、押上に来ることがあればまた寄ってみたい。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
飲酒履歴(ワイン) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。